日本の気象とシベリア高気圧などについて訓練

ウェザーなどについて稽古しました。大陸から吹き出した冷たく乾燥した匂いは、日本海の海面で加熱されると共々、海面から蒸発した多量のスチームが凝結するとき放出する潛熱によって加熱され、進歩気流となって積雲をつくります。こういう雲の高さは3km以下であり、脊梁山脈の日本海側にスノーを降らせ、太平洋側には乾いた下落気流となって吹き下り、からっ風となります。日本海を渡るすじ状の雲は積雲の列だ。脊梁山脈をこえるシーン日本海側にスノーを降らせます。太平洋に吹き出し、低気圧に吹き込む特有によって太平洋にもすじ状の雲の列がつくられます。日本海・太平洋の海面気温が厳しく、水が盛んに蒸発する結果そんな雲が発達します。冬至に最低限であった日射件数が徐々に増加して、大陸が暖まり、2月々中旬をすぎるとシベリア高気圧は鈍りふりだします。大陸と海洋の気温差が小さくなり西高東低の気圧設置がひずみ、季節風が弱ります。知らないことを知れて良かったです。エピレ スマホ

日本の気象とシベリア高気圧などについて訓練