実験の趣旨についてと災厄のやり方を勉強した

試験などについて勉学しました。ひとまず、廃液の捨て者についてだ。廃液は流しに直接捨ててはいけません。試験室からの廃水は仮に僅少でも川や海に過ぎ行き、われわれの住む実態を汚染します。ひと度汚染された海や川を根源の状態にもどすのは、はなはだしんどいことです。使った器具は、根源の場所に片づけます。水道、瓦斯の元栓が閉まっておることをたしかめるようにしましょう。。台の冒頭をぞうきんでふきましょう。燃え易い薬品はエタノール、水素、プロパンなどがあります。燃え易い薬品を扱うときは、ほかのものに引火しないように、近くに火が無いところで使用します。有毒な瓦斯が発生するのは塩化水素、塩素、アンモニア、硫化水素などがあります。吸い込むと危険なので、窓を開けて換気します。発生した瓦斯は、あおぐようにしてにおいをかぎます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので、時間があるときに復習したいなと思いました。キャッシング 一番良いところ

実験の趣旨についてと災厄のやり方を勉強した